自分のことを鑑みて見た時に、私は、『独り言』が死ぬほど嫌いだ。それと同じことだったのかも知れない。
昨日書いたエントリー。

  • さかもと未明さんは赤ちゃんが泣くのを許容して欲しい。 - 伝外超スデメキルヤ団劇

結構、良いエントリが書けたのじゃないかな?と自己満足をしていたのですが、はてな村に復帰されたコンビニ店長の、はてなブログを読むと、良い事が書かれてました。

  • 子供の泣き声にすげえいらいらする側の意見 - 24時間残念営業

タイトルにある通り、泣き声にイライラする立場からの意見。これを読んで、私が書いた『許容』とは何かな?と思いました。自分のことを考えると、車掌さんに「子供の泣き声をなんとかせーい!」とかは言わないですが…。

「疲れているのに。子どもが泣いているよ。親の人はなんとかできないもんかね。うるさいな。なんで、電車の中で、こんな気持ちにならねば、いかんのよ。」

とか思っていたことを思い出しました。行動に移さなかっただけで、同じようなモノを心に浮かんでいたのだな、と。

読み進めている中で、以下の部分が、一つの答えかな?と思いました。

端的にいうと、俺は「子供の泣き声にいらいらする」という状態が、自分の勝手な事情であることを承知しているわけです。

『許容』とは、何なのか?は分からないですが、自分の中に沸き立つ感情、事情に対して、自分の…という風に考えて、行動することが大事なのかな?と。

冒頭に書いた「独り言が大嫌い」という考えも、多分、少数意見だろうし、そもそも独り言を言う人は、理解できないだろうし…。

「睡眠薬を飲んで寝る」みたいな意見もあって、薬とは過激な…と思ったのですが、それも、一つの対処かな?と思ったり。

終わります。

もともとのエントリーが、あまりに、過激な内容だったので、その反動も大きかったのですが、「どうしても我慢できん!」ということは、人それぞれで、それに対して、自他のことを比べて、どう行動するか…という天秤があるとするなら…さかもと未明さんも、それにしたがって、行動しただけなのかな、と思ったり。

彼女の行動は、そこそこ過激だと思ったのですが、phpやヤフー!に掲載されたのは、やはり、支持する人もいるからなんでしょうね。

天秤が、どちらに傾くかは分からんですが、自分の中の感情を、外と比べて考えてみるのも大事ですね。独り言嫌いも、すごい少数かも知れない。