上絵付け(色絵)はすごいなぁと

本当に尊敬の気持ちがあるのですが、

少し分からないことがあります。

 

 

それは、

負けず嫌いな私のはずなのに

 

その凄さを目の当たりにしても、

ちっとも悔しくないということです。

 

 

何故なのだろう。

 

 

 

何でも張り合いたがる私のはずなのですが、

不思議です。

 

 

 

 

ただ素直に

 

上手いなぁ。とか

面白いなぁ。とか

綺麗だなぁ。と思うのです。

 

 

そこには黒い気持ちが全く出てきません。

 

私が出来ないことに関してになるからか、

同じ焼物の同業者なのに

どこか他人事のような気がしてしまいます。

 

 

めっそうもございません!

いや〜〜さすがです!

すごいなぁ〜〜!

 

という感覚なのです。

(…。なんか、文字にすると馬鹿にしてるように見えてしまいましたが、決っして違いますよ。)

 

 

 

もしかして

 

私のやりたい事では無い為、

嫉妬の心が湧かないのでしょうか。

 

 

 

 

 

あっ。気づいてしまいました。

 

というか忘れていました。

 

 

私にとって大事にしているのが、色よりも

 

 

ーー 線 ーー

 

だからだ。

 

 

きっとこの概念がある為に、他の優れた色絵の作家さんに嫉妬心が芽生えないのだと思います。

 

 

じゃあ私は一体誰に嫉妬するのだろう。

 

やっぱり染付をしてる人になるのかなぁ。。

でも色々ジャンルがあるからなぁ。

 

自分に必死過ぎて周りが見えていないかもしれません。

 

あと、

尊敬と嫉妬ってともすれば対でもあるのかと思っていましたが、

そうではないこともある ?

 

 

 

う〜ん…。

上手くまとめられなかったですが、また一つ少しの気付きはあったので自分の中で良しとします。

 

いつか、黒い気持ちに気付けたらこちらで報告しますね。

(でも消化しきれず、自分の中に留めるかもしれませんが。笑)

 

まぁ、いつか笑えるネタになるはずですよね。

 

 

それでは、また。