会社でも家でも、最近はメディアよりネットワークインストールが主流になっている僕ですが、キックスタートファイルのつくり込みにも凝りはじめてます……とは言っても、いらないパッケージを消したり、インストール後に不要なサービスをoffにしたりする程度ですが、今回は『インストール後にホスト名をランダムなものに変更してメールでIPアドレスを通知する』スクリプトを作ってみました。ネタ自体は(たしか)はてながやってるやつです。IPアドレスはほら、DHCPで取得するので、通知されないと大変なこともあるので。
で、こんな感じに。これを%post以下に埋め込みます。とりあえずCentOS 5で動くのを確認してます。

sed -i "s/HOSTNAME=localhost.localdomain/HOSTNAME=Akkie-`date +%y%m%d%H%M`/g" /etc/sysconfig/network
maildata=Hostname  : `uname -n`"
"
maildata={$maildata}Kernel    : `uname -sr`"
"
maildata=$maildataIP Address: `/sbin/ifconfig|grep inet addr|grep -v 127.0.0.1|awk {print $2;}|awk -F : {print $2" , ";}|tr -d "
"`
echo "echo -e "$maildata" | mail -s `uname -r` installation has completed successfully! (メールアドレス)" >> /etc/rc.local

なんかぐちゃぐちゃに見える(笑)。

  • 参考サイト
    • ホスト名の変更: CentOS&Xenサーバ導入メモ: 4月 2009
    • IPアドレスの取得: 忘れた……

ホスト名は日付(200912020115)を入れています。まぁ同じ時間に同時に終わるような数のインストールまではさすがに仕掛けないでしょう(えー。
ここには入れてないけど、/etc/hostsにIPアドレスとホスト名を入れておいた方がいいかも。Apacheとかでちょっと怒られたりするので。

ネットワークインストールはエコ!

だってメディア焼かないで済むし!(ええー
ちなみに、会社ではCD-RW, DVD-RWを使用していて、最近はもう-Rメディアは使わなくなりました。なんか-Rメディアは捨てるのがもったいなく感じちゃって。